格安スマホって何?初心者に格安スマホについて紹介!

格安SIM

皆さんこんにちは。最近テレビやネットで「格安スマホ」という言葉を見かけたりすることが多くなりましたね。

「格安スマホに乗り換えてみたい!けど会社やプランをどうやって選んでいいか分からない!」と悩んでいる方へ格安スマホについて説明していきます。今回の記事を格安スマホ選びの参考にしてみてください。

格安スマホって?

格安スマホはauやソフトバンク、ドコモなど大手携帯会社のスマートフォンより安い料金で使用出来るスマートフォンの事です。

大手携帯会社の料金は毎月1万程度かかりますが格安スマートフォンの場合だと料金はプラン次第で3,000円~にまで減らすことが出来るお得なスマートフォン。携帯端末と格安SIMと呼ばれるSIMカードをセットで使用します。

格安スマホを導入している会社だと楽天モバイル、UQモバイル、BIGLOBE、LINEモバイルなどがあります。ちなみに格安スマホの定義には2つのパターンがあります。

1.本体の値段が安いSIMフリーのスマートフォンのこと。

iPhoneやXperia、Galaxyなどのスマートフォンは本体価格が7万~10万円程度かかる場合があります。それに対して「ASUS」や「Huawei」などは1万円~3万円という安さで本体の購入が出来ます。

2.「スマホ」と「格安SIM」をセットで販売しているプランのこと。

ビッグカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店でセットで宣伝、販売しているケースです。スマホ端末と格安SIMがセットなので購入した後すぐに利用出来るという便利さが売りです。

どうして格安SIMは安いの?

格安スマホの安さの秘密は3つあります。

auやドコモなど大手携帯会社の回線を利用しているため

auやドコモは自社の回線を利用していますが通信設備を設置するために初期投資と維持費が膨大でした。そのため通信料が高額になっていました。

しかし格安携帯キャリア(Mobile Virtual Network Operator)は大手携帯キャリアから回線を借りているため、初期投資と維持費がかかりません。MVNO事業者で格安スマホのプランが変わってくるのはこのためです。

インターネットの接続はMVNOの事業者であるため

大手通信会社から借りているのは回線のみ。

インターネットへの接続はMVNO事業者のサーバーを経由して行います。そのため通信速度は事業者によって異なっていて、速度や安定性に差が出てきます。

サービスの質

大手携帯会社はサポートセンターでの応対や携帯に対する保障などサービスが手厚いです。しかし、格安スマホは上記のような手厚いサービスは受けることは出来ないのが現状です。そのため、格安スマホの評価やトラブル対処法を調べておく必要があります。 

格安スマホのキャリアはどこがあるの?

格安スマホを取り扱っている会社は以下の通りです。

  • 日本通信
  • BIGLOBE
  • nifty
  • DMMモバイル
  • 楽天モバイル
  • So-net
  • mineo
  • UQ mobile
  • Fiimo
  • Ymobile
  • LINEモバイル
  • OCNモバイルONE
  • QTモバイル
  • exciteモバイル
  • IIJmio
  • イオンモバイル
  • J:COMモバイル
  • TONE
  • nuromobile

合計で19もの携帯会社があります。

オススメのmvnoは?

19も携帯会社があると「どの携帯会社を選べばいいのか分からない!」と悩んでしまいますよね。その中でもオススメしたい携帯会社は「楽天モバイル」です。

楽天モバイルは大手通販サイトの「楽天市場」を運営している楽天株式会社が提供している格安SIMです。

メインで利用している格安SIMサービスシェアNo.1という人気ぶりで、楽天スーパーポイントが月々の支払い100円で1ポイント貯まり通話SIMを契約している期間はお買い物ポイントが2倍になるという楽天ならではのお得なサービスが受けられるんです。

通話SIM 050データSIM

(SMSあり)

データSIM

(SMSなし)

ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

こちらが楽天モバイルの月額基本料金一覧です。データ通信SIMはSMSなしで月額525円から使用出来るというコストパフォーマンスの良さ。

ただし音声通話は出来ないので音声通話がしたい方は通話SIMを選びましょう。ちなみにLINEを使用する場合にはSMSありを選びましょう。LINEなどのメッセージアプリはSMSで認証を行うため、SMSは欠かせない存在です。

様々なプランがあり月額料金も普通のスマホを使うよりもお得なのでどのプランがいいか迷ってしまいますよね。

その際には、自宅に販売員を呼んで購入から契約まで出来るご自宅出張申し込みを利用して疑問や悩みを解決しましょう。

楽天モバイル以外の格安SIMではUQモバイルがオススメです。UQモバイルについては以下のサイトがよくまとまっていて参考になります。

格安スマホのメリット

月額料金が安い!

何度も伝えたように格安スマホの魅力は月額料金の安さ!これまでのスマートフォンよりも半分近く安くなるのは本当に嬉しいですよね。

料金体系がシンプル!

携帯会社のプランを見ていると○○割や○○放題など様々なプランがあって頭がごちゃごちゃしてしまいますよね。

ですが格安スマホの料金プランは使用出来るデータ容量や音声通話やSMSが出来るかどうかなどでプランが分かれるのでシンプルで分かりやすいです。これなら安心ですね。

携帯番号を引き継げる

格安スマホの多くは090か080で始まる携帯番号で使用できます。今までの電話番号

デメリット 

データ容量が少なく、速度も遅い 

格安スマホのデータ容量は3GBが主流で、通信速度も事業者側で絞られているため遅くなってしまいます。

昼間や夕方などは特に混んでしまい、つながりにくくなるということも。たくさん使いたい方やサクサク使いたい方は大容量のプランを選ぶかWi-Fiルーターを利用して通信するといいでしょう。

IP電話が使用されているケースも

一部の格安スマホには050から始まる「IP電話」を採用しているものもあります。こちらのIP電話は料金が安いですが、音質が悪く110番や119番などの緊急通報が出来ない場合があります。

そのため、電話をする際には注意が必要です。

メールアドレスはGmailのみ

auでは「@ezweb.ne.jp」、docomoでは「@docomo.ne.jp」、ソフトバンクでは「@softbank.ne.jp」などのアドレスは格安スマホではもらえません。その代わり、メールはGmailのみですので注意して使用しましょう。

格安スマホで新たなスマホライフを!

以上が初心者のための格安スマホの紹介でした。

格安スマホの最大の魅力は何といっても料金の安さ。これまで「携帯料金が高い」と悩んでいた方は間違いなく携帯料金を減らせますし、プラン次第では大幅なお金の節約にもなります。

通信速度やデータ容量の問題もあるとは思いますが、安心して長く使えることは間違いありません。安心して長く使えるためにも料金プランや機能、スマホのデザインをしっかりと選んで後悔のない格安スマホ選びをしましょう。