mvnoが教えてくれない格安simのデメリット

格安simのデメリット

格安simは月々の使用料金が大手携帯電話会社と比較すると格段に安いことから、若年層を中心に近年とても人気のあるものとなっています。

料金自体が安いというメリットはもちろん、今使用している機種によっては格安smiに乗り換えても継続して利用することも可能なため、初期費用に関してもより安くすることができます。

また格安simは利用料金が安いからといって品質に問題があると思われがちですが、決してそうではなく大手携帯電話会社の回線を利用しているため途中で途切れやすかったり通信しづらいということもありません。

しかしながら自分の携帯電話の使用状況や居住している地域によっては、格安simを利用していてデメリットがいくつか出てくる場合もあります。

そのようなことから、格安simの利用はメリットとデメリットの両方を考慮したうえで利用の検討をすべきです。

インターネットの申し込みもしくは一部の店舗からしか申し込めない

格安simを使用するうえで最大のデメリットは、その窓口がインターネット上のみあるいは一部の店舗のみの扱いになっていることです。

格安simは契約や機種の購入をすればそれでいいのではなく、その後機種の調子が悪い時や契約の変更や解約をしたい時などインターネットや電話での連絡ではなく、すぐに窓口に出向きたいこともあります。

しかしながら格安simは取り扱い店舗が少ないあるいは実店舗自体がないこともあり、その際には格安simにおける問題解決までに時間がかかることがあります。

特に機種が故障をした場合には、故障の連絡をして会社から代替機が送られてくるまでには数日を要することもあります。

自分が所有している携帯電話がその1台しかない場合には、代替機が手元に届くまでの間は携帯電話が一切使用できないこともあり、仕事や生活でかなりの不便を強いられることもあります。

通話料金が高い

また格安simでは大手携帯電話会社が行っている通話料完全無料、あるいは一定の時間以内の無料サービスを導入していないこともあり、基本使用料が安くても通話時間次第では大手携帯電話会社と変わらない、もしくはそれ以上の利用料金になることがあります。

これら2つは格安simを利用する上での大きなデメリットですが、今の携帯電話の使用状況や住んでいる地域など複数のことについて考慮するとメリットが上回ることも多いです。

すでに1台携帯電話を所有しているなどの理由でデメリットをそれほど気にしない場合には積極的に利用すべきものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です